9月11日(土) 2021 JCA-AACR Precision Cancer Medicine International Conference にアナ ベリー(Anna Berry)医師が登壇

2021年 9月

当社の分子病理学・ゲノム部門Vice Presidentのアナ ベリー /Anna Berry医師が、9月11日 (土) 1時50分から2時40分 (日本時間)にバーチャル形式で開催される、2021 JCR-AACR Precision Cancer Medicine International Conferenceに登壇して、バイオマーカーをリアルワールドデータに使用する際の考慮点について紹介します。

プレシジョンオンコロジーの推進には、リアルワールドエビデンス(RWE)が不可欠であり、バイオマーカーはRWEの重要な要素です。バイオマーカー データは様々なフォーマットで、様々な機関で生成されています。 バイオマーカー データの全体像を把握するためには、多角的なアプローチが必要です。 本セッションでは、大腸がんの検査パターンを調査した最近の研究を含め、バイオマーカー データの種類とフォーマットを探索します。 さらに、自然言語処理(NLP)を構造化されていない病理報告書に用いた最近の研究を含め、バイオマーカー データの抽出と取り込みの方法についても概略を説明します。 最後に、複数の施設からのデータをRWEとして使用するための、体系的な構造化・正規化アプローチについて説明します。参加者の皆様には、RWEやプレシジョンオンコロジーに関連するバイオマーカー データの課題と可能性についてご理解頂ければと思います。

アナ ベリー 医師について

ベリー医師は、分子病理学、ゲノミクス、ラボラトリー・メディスンの分野で全米に知られるオピニオンリーダーです。2014年からは、シアトルのSwedish Cancer Instituteの分子病理学・ゲノミクス部門のDeputy Director、および 個別化医療プログラムのScientific Directorを務めました。また、2014年からはCellNetix Pathology and Laboratoriesの Genomics Program Directorとして指揮を執りました。ベリー医師は、解剖学的病理学、臨床病理学、細胞病理学、および分子遺伝病理学の認定を受けています。ベリー医師は、専門分野において、国内外の委員会やワーキンググループなどで様々な役割を担ってきました。ベリー医師は、専門知識を生かして、Syapseの各部門のリーダーと製品やサービスの開発や顧客をサポートし、共同研究や出版物の執筆に参画し、リアルワールドエビデンスの分野でSyapseのソート・リーダーシップ活動を推進しています。